資格外活動許可

 

現在、家族滞在ビザをお持ちの方や、留学ビザで日本国内の学生である方は、働くことが原則的には認められていません。
ただし、資格外活動許可を取得することで、本来の活動に加えて、アルバイト、パートなどの就労をすることができます。
これには制限があり、週28時間以内という上限があります。学生の場合は、学校が夏休みなどの長期休暇の際には
一日8時間、週40時間までの上限があります。

 

Q 短期滞在ビザを持っていますが、資格外活動許可を取ることができますか?
A いいえ、できません。短期滞在ビザには、商用、観光、親族訪問などで取得する在留資格ですが、就労は認められておりません。
アルバイトなど報酬が発生する資格活動許可は、短期滞在ビザでは取ることができません。

 

Q 私は家族滞在ビザで日本に滞在しています。資格外活動許可は取ることができますか?
A はい、できます。週に28時間以内であれば、就労が可能です。

 

Q 留学生です。留学の在留資格で学校に通っている学生ですが、資格外活動許可を取ることができますか?
A はい、できます。通常の場合、週28時間以内で就労できます。また学校が長期休暇になっている間は、特別に週40時間以内であれば、
働くことが可能です。

 

Q 昼間に学校に行き、資格外活動許可で夜の間は、お酒を提供するスナックなどで働きたいのですが、可能ですか?
A いいえ、できません。資格外活動許可は全ての就労が許されているわけではなく、風俗営業の店では働くことが禁じられています。
例え接客行為をしなくても、風俗営業の店での掃除やレジでの会計業務も風俗店での就労になりますので、注意してください。

 

 
トップへ戻る